我が家の自己紹介

実家の売却を任せられたイエ子

イエ子

はじめまして。
当サイト管理人のイエ子と申します。

定年退職した父が「故郷に帰りたい」と希望したことから、住み替えのための実家の売却を任されました。

人生初の一戸建て売却。

少しでも高く家を売るために収集した情報や、実体験から学んだ売却のコツなどをご紹介していきます。

追記:無事に我が家が売れました!

我が家の一戸建て売却日記へ進む→

 

故郷に帰りたいイエ男

イエ男(父)

はじめまして、イエ男と申します。

イエオトコではなく、イエオです。

よく「何て読むんですか?」と聞かれるので、先に自分から名乗らせてもらいました。

サラリーマンだった私は転勤も多かったのですが、21年前に夢のマイホームを埼玉県に建てました。

しかし定年退職を迎えた今、故郷の京都府に戻りたいと思い、妻と娘の賛同を得て埼玉の自宅を売却することにしました。

損することなく家を売却できるよう、サラリーマン時代に鍛えた交渉力を生かしていきます。

 

住み替えを希望のイエ美

イエ美(母)

はじめまして、イエ美と申します。

主人と同郷なので、「京都に戻らないか」と相談された時はとても嬉しかったです。

売却時にかかる税金は家計に大きく影響するので、特例や優遇措置などの節税情報もぬかりなく確認中です。

住み替え先が新築になるか中古になるかは現在の家がいくらで売却できるかにかかっていますが、「次はこんな家に住みたいわ」と新しい物件探しも楽しんでいます。

 

イエ子の夫のイエ志

イエ志(イエ子の夫)

どうも、イエ志と申します。

読み方はイエシです(お義父さんをマネてみました)。

イエ子の良き相談相手になれるよう、不動産売却の経験がある上司や先輩から体験談を聞いて回っています。

 

一戸建て売却しました

我が家の一戸建て売却の体験談が、同じように不動産売却を希望されているあなたのお役に立てれば幸いです。

それでは早速どうぞ!

0)ある日の我が家

家を売却し故郷に帰りたい父 イエ男
実は、定年退職を機に故郷の京都へ戻りたいと思うんだが、どうだろうか。
住み替え希望の母 イエ美
それは賛成です。私も京都に帰りたいと思っていたんですよ。
家を売却し故郷に帰りたい父 イエ男
そうか!それは良かった!
住み替え希望の母 イエ美
でも今住んでいるこの家(in 埼玉)はどうしますか?
家を売却し故郷に帰りたい父 イエ男
この家を売って、その資金で京都に家を買おうじゃないか。
住み替え希望の母 イエ美
それはいいですけど、大変な作業になりそうですね。
何から手をつければいいのか…。
家を売却し故郷に帰りたい父 イエ男
よし!娘のイエ子にも手伝ってもらおうじゃないか!
実家売却を任された娘 イエ子
え?!お父さんとお母さん、住み替えをしたいの?
実家売却を任された娘 イエ子
そうなんだ。そこで少しでも家を高く売るにはどうしたら良いのか、色々と情報を集めてくれ。
実家売却を任された娘 イエ子
分かったわ。不動産売却なんて初めてだけど、少しでも実家が高く売れるよう調べてみるわ。

 

こうして我が家の不動産売却活動が始まりました。

【我が家】
・埼玉県にある木造の一戸建て
・築年数22年
・最寄駅から徒歩20分
・土地面積42坪
・建物面積33坪

1)一戸建て売却相場を下調べ

家を売るなんて初めてのことだったので、分からないことばかり。

まずは情報収集からはじめました。

 

そんな中、やはり一番気になるのは「我が家はいくらで売れるのか」ということです。

いくらで売れるのかにより、不動産屋へ支払う手数料も、税金も、住み替え先の家探しの予算も変わってきます。

 

そこで

  1. 大手不動産ポータルサイト(スーモやアットホームなど)
  2. ポストに入る地域の不動産チラシ
  3. 近所を散歩しながら、売りに出ている家や土地の看板

などをチェックして、我が家がある地域の不動産売却相場を調べていきました。

 

そんな中、一番相場を調べるのに便利だったのは、国土交通省が運営しているWEBサイト「土地総合情報システム」です。

 

不動産売却相場

土地総合情報システムとは、過去の不動産取引価格情報がまとめられているサイトで、四半期ごとに情報も更新されているので常に最新データから相場を調べることができます。

使い方も簡単で、検索機能も充実しているので、約1分ほどで我が家と近い条件の不動産取引データを調べることができました。

無料で使えるでおすすめです。

2)不動産一括査定サイトを利用する

家を高く売りたいなら、多くの不動産屋に査定してもらうことが重要

色々と下調べをしていった結果、「不動産売却は不動産屋選びが9割」と言われるぐらい慎重に不動産屋選びをする必要があることが分かりました。

なぜなら不動産屋も物件条件により得手不得手があり、査定基準が数%違うだけで、査定額が数百万円も変わってくるからです。

実家売却を任された娘 イエ子
2,700万円の物件だった場合、査定が5%違うだけで135万円も差が出てしまいます!

 

家を高く売るには、可能な限り複数の不動産屋に査定してもらうことが重要なんです。

でも共働きということもあり、不動産屋1社1社に問い合わせて、休日のたびに不動産屋に訪問し、家の状況を説明し、査定依頼をするのはとても面倒だと思いました。

「何かもっと手軽に不動産屋選びと査定額を知る方法はないかな」と調べて見つけたのが、無料で使える不動産一括査定サイトでした。

不動産一括査定サイトを活用すれば、効率的に不動産屋選びと査定額を知ることができる

HOME4U売却査定

我が家が活用した「HOME4U」は、あのNTTデータグループが運営する不動産一括査定サイトです。

厳選された約550社の不動産屋の中から、「指定した地域×指定した物件タイプの売却が得意な不動産屋」を自動的に絞り込むことができ、さらにその中から最大6社まで査定額を「一度にまとめて」取り寄せられます。

 

WEB入力も基本的には選択式なので、1分ほどで完了する手軽さでした。

おかげで、いちいち何社も不動産屋巡りをする必要はありませんでした。

査定方法は選べる

不動産査定方法

査定方法は「机上査定」と「訪問査定」から選べるのですが、我が家はもう家を売ると決めていたので、6社に訪問査定を依頼しました。

まだ家を売るかどうか決心はしていないので「ひとまず家がいくらで売れるのか知りたいだけ」という場合には、机上査定を選ばれるといいです。

査定を依頼する前に不安に思っていたこと

HOME4Uを利用する前に1点心配していたのは、一括査定を依頼すると、その後は営業の電話がしつこくかかってくるのではないかということでした。

ただ公式サイトや口コミを見てみると、

  • 電話は最初の本人確認の時だけ
  • 勧誘をするなど評判の悪い不動産屋は排除される仕組みになっている

とあったので試してみることにしました。

実際、電話は最初の本人確認の時だけだったので安心して利用できました。

実家売却を任された娘 イエ子
ちなみに一括査定を依頼できるのは最大6社なので、依頼先を厳選すれば、その分だけ電話確認も減ります。

査定額が460万円も違った!

我が家の不動産価格査定報告書

そして、いざ出揃った査定額を見てみてビックリ!

え?不動産屋によって査定額が460万円も違う!

また対応スピード・査定の方法・営業担当者の熱心さなど、予想以上に各社で差があったことも驚きでした。

 

たとえば我が家は昼に査定依頼を出したのですが、夕方までに連絡があったところもあれば、翌日の連絡だったところも。

また訪問査定時に家の写真を撮っていくところもあれば、契約を交わした場合にのみ写真を撮るということろも。

こういう細かな違いはやはり実際に比較してみないと分からない点だったので、一括査定サイトを活用して本当に良かったと思いました。

 

我が家は6社に査定をお願いした結果、最終的には査定額は上から2番目でしたが、一番熱意をもって対応してくれ、築年数が20年を超えている我が家の売却の難しい点などもきちんと隠さず説明してくれた1社にお願いすることにしました。

あなたも家がいくらで売れるのか一括査定してみる(無料)→

3)我が家の売り出し開始!

不動産ポータルサイトに掲載される

いよいよ我が家の売り出しが始まりました。

担当者の方より不動産ポータルサイトに掲載した旨の連絡をもらったので、家族みんなでドキドキしながら確認。

一戸建て売却

「わ~、コレ我が家だ!」と盛り上がりながらも、一部記載されている情報に誤りを見つけたので、担当者の方にすぐに連絡して修正してもらいました。

担当者の方も人間なので間違えることもあります。

目視での確認は大切です。

また掲載されていた家の写真は、査定時に担当者の方が撮影されたものが使われていました。

しかし査定時は曇りだったこともあり、外観も室内も暗くて、あまり魅力的には見えませんでした。

何十件もあるライバル不動産の中から我が家に興味を持ってもらうためには、写真が与える影響は大きなものです。

そのため晴れた日に自分たちで写真を撮り直し、その写真に差し替えてもらいました。

ホームインスペクションが実施される

ホームインスペクション

中古物件である我が家の安全性を証明するために、不動産屋より専門家が派遣され、ホームインスペクションが行われました。

ホームインスペクションとは、建築士などプロによる建物診断のことです。

住宅に精通した専門家が、建物の欠陥の有無、劣化状態、改修の必要性などをチェックし、その診断結果を販売活動に生かしていくのです。

良い点も悪い点も含めて、こうした家の詳細情報が分かると買主も安心して購入を検討できます。

我が家は木造だったので、約3時間かけて家の傾きや床下の状況などの詳細が調査されました。

後日、診断結果をもらったのですが、我が家は外壁の塗り替えや床下環境対策(シロアリ対策・湿気対策・防カビ対策)など家のメンテナンスを定期的にプロに頼んできていたので、築20年超の家にしては良い評価がもらえ一安心でした。

なお今回のホームインスペクションは不動産屋の無料サービスでしたが、不動産屋によっては実施されないところもあるようです。

ホームインスペクションは中古住宅を売りやすくする有効な対策です。

もしも不動産屋の無料サービスとして行われない場合は、専門機関に個人で依頼することもできますので、築年数が古い家は検討されてみてもいいかもしれません。

【小話】
住み替え先の京都の家を探す際、我が家は買主へと変わるのですが、京都ではインスペクションはほとんど実施されていませんでした。

購入してもいいかなと思った家に関して、不動産屋に「関東では建物診断してくれるんですけど」と伝えたところ簡易診断はしてくれたのですが、屋根にも上らず、外観だけのチェック。

しかも診断結果は見るだけで貰うことはできない、意味のない診断でした。

この経験から、不動産売買にも地域性があるんだなと学びました。

ただ不動産屋さん曰く、2017年からは関西(京都)でもインスペクションが導入予定らしいです。

4)内見の受け入れ

明るい部屋

「○月○日の○時頃、内見希望者の方をお連れしたいのですが、ご都合いかがですか?」と、担当者の方より初めての内見連絡が入りました。

もちろんOKすると同時に、受け入れは午後だったので、当日の午前中は家族全員で室内の掃除や庭の手入れなどを行い、内見準備をしていきました。

こうして家が売れるまで6件ほど内見を受け入れました。

  1. 12月1日
  2. 12月13日
  3. 1月30日
  4. 4月9日
  5. 5月5日
  6. 5月14日

1日に何件もの家を見て回る内見者がほとんどなので、実際の内見は10分〜20分ほどで終わります。

また意外に外国籍の方も内見に来られることが多かったです。

正直、内見4件目あたりからワックスがけなどの掃除をして対応することに疲れてきましたが、家を少しでも高く、少しでも早く売るためなので、乗り切るしかないと家族全員で力を合わせていきました。

内見6件というのが多いのか少ないのかは分かりませんが、この6件の経験から内見を受け入れる時の3つのポイントを学んだので、よければ参考にしてください。

【小話】
売主として内見時に少しでも良い印象を買主に与えられるよう、家の中を綺麗に片づけておくのは当然だと思っていました。

また初めて内見を受け入れる際は、埼玉の担当者の方からも「当日は掃除や空気の入れ替えを済ませておいて下さい」とアドバイスを貰っていました。

ただ買主として京都の家を探しに行った時は、合計30軒ぐらい内見に行きましたが、どの家も普段通りの生活をされていて驚きました。

この違いについて京都の担当者の方に聞いてみると「京都では部屋を片付けておいてなんて、売主さんには言いませんね」と仰っていました。

この点も地域性が出ていたので、ご参考までに。

5)一戸建て売却に成功!

遂に我が家が売れました!

家を売り出し始めてから6カ月。

遂に我が家が売れました!

買主さんとの不動産売買交渉で最終的には40万円ほど値下げしましたが、無事に売却・家の引き渡しが完了し、家族全員ようやく一息つけました。

交渉・契約・手続きでは初めてで分からないことだらけでしたが、担当者の方が

「今回は○○という目的のために、○○という手続きをします」
「○○の書類と印鑑が必要になりますので準備をお願いします」

と当日の流れや持ち物などを毎回分かりやすく説明してくれ、隣でサポートしてくれたので、本当に助かりました。

というか、もう頼りっぱなしでした。

我が家の一戸建て売却体験談 まとめ

一戸建て売却を成功させます

こうして振り返ってみると「不動産売却は不動産屋選びが9割」といわれているのも納得です。

  1. その不動産屋には、家を確実に売ってもらうための集客力・営業力があるか
  2. 大事な資産である家や土地を安売りしてしまわないよう、適切な査定額を提示してくれるか
  3. その担当者の方には、何千万円という大金の相談・交渉・手続きを任せられるだけの信頼性があるか

あなたも家や土地の売却を検討されているなら、後悔しないよう、ぜひ不動産屋選びは慎重に慎重を重ねてください。

以上、我が家の一戸建て売却体験談が少しでも参考になれば嬉しいです。

あなたも不動産一括査定をしてみる(無料)→