家を売却し故郷に帰りたい父 イエ男
家の値段はどんな風につけられるんだ?
実家売却を任された娘 イエ子
色々な方法があるので、ここでは「土地」「建物」「マンション」に分けて自分でできる不動産売却相場の調べ方をお伝えするね。

土地の評価額

土地評価額

土地の評価基準は、主に次のような方法があります。

  • 公示地価:国土交通省が公表
  • 基準地価:各都道府県が公表
  • 路線価(相続税路線価):国税庁が公表
  • 固定資産税路線価:各市町村が公表

評価の程度としては、地価を100とした場合、路線価は80程度、固定資産税路線価は70程度の価格がつけられています。

そう!同じ土地なのに、価格は複数存在するのです。

ただ新聞に掲載されているのを見たことがあるかもしれませんが、地価は代表的な地点にしか価格がつけられていません。そのため、不動産取引では路線価を参考にするのが一般的です。

公示地価・路線価・固定資産税路線価を一気にまとめて調べたい場合には、「全国地価マップ」の活用が便利です。

また地価を詳しく調べたい場合には「土地総合情報システム」、路線価を詳しく調べたい場合には「路線価図・評価倍率表」の活用もおすすめです。

建物の評価額

建物評価額

まず現時点でその建物を新築した場合の価格「再調達価格」を求めます。

国土交通省の「建築着工統計調査」(2014年)によると

  • 木造なら約16万円/㎡
  • 鉄骨造なら約18万円/㎡

かかり、この価格に延べ床面積をかけると再調達価格になります。

中古住宅の価格を求めるには、築年数が経って減価償却した分を差し引く必要があるので、次のように計算します。

建物価格 = 再調達価格 × [(耐用年数 - 経過年数) ÷ 耐用年数]

※耐用年数は木造の場合22年、重量鉄骨造の場合34年です。

たとえば築10年、再調達価格1,700万円の木造住宅であれば、

1,700万円×[(22年-10年)÷22年]=927万円

となります。

もちろん、この計算方法では建物の付加価値は考慮されていないので、この価格を起点に様々なアピールポイント(ホームインスペクション既存住宅売買瑕疵保険住宅履歴家の個性など)を追加していくことで、建物の価格を上げていきます。

マンションの査定額

マンション査定額

マンションは同じ規格の下に量産されているので、近所の類似するマンションの価格をインターネットやチラシで調べれば相場が分かります。

同じマンションでも広さが異なる場合には、1㎡あたりの単価に直して計算すればOKです。

たとえば同じマンションの別の部屋が100㎡で5,000万円だったら、5,000万円÷100=50万円で1㎡あたりの単価が割り出せます。

次に自分の部屋の面積、たとえば80㎡をかけると、50万円×80=4,000万円とおおよその価格が割り出せます。

マンションに特化した無料査定サービス「マンションナビ」なら、「売却・買取・賃貸」それぞれの査定額を一度にまとめて知ることができるので便利です。
マンションナビの詳細へ

便利な不動産売却相場の調べ方

不動産そのものの評価方法を個別にお伝えしてきましたが、不動産屋が行う査定方法はまた少し異なります。(→3つの不動産鑑定評価基準

なお家を売るために売却相場を調べたいなら、次の2つの方法が手軽なのに精度が高くおすすめです。

土地総合情報システム

不動産売却相場

国土交通省が運営しているWEBサービスで、実際に行われた不動産取引価格情報が全国120万件以上掲載されています。

不動産種別と地域を選択するだけで、自分の物件と類似条件の不動産が実際にいくらで売買取引されたのかが分かります。

土地総合情報システムの使い方→

不動産一括査定サイト

HOME4U売却査定

プロである不動産屋に「家がいくらで売れるのか」を実際に査定してもらう方法です。

不動産一括査定サイトを活用すれば、何百とある不動産屋の中からあなたの物件条件に長けたノウハウを持つ不動産屋が自動的に絞り込まれますし、一度にまとめて複数の不動産屋から査定額を集められるので便利です。

あとは、その結果を比較するだけで良いんです。

査定方法は「机上査定」と「訪問査定」から選ぶことができます。

査定してもらったからといって必ずしも売却依頼をする必要はありませんので、ひとまず家の価値を知りたいだけという場合には「机上査定」がおすすめです。

「家がいくらで売れるのか」不動産一括査定サイトを利用する(無料)→