同じ家を売るなら、誰もが「少しでも家を高く売りたい」と思うもの。

この記事では家を高く売るための3つのテクニックをお伝えします。

1)査定額を比較する

不動産売却は不動産屋選びが9割」と言われているぐらい、家を高く売るには不動産屋選びが重要になってきます。

なぜなら物件条件によって不動産屋にも得意ジャンルと苦手ジャンルがあり、査定基準が数%違うだけで、査定額は数百万円も変わってくるからです。

家を高く売るためには、できる限り多くの不動産屋に査定してもらい、「査定額」と「売却力」を比較しながら頼れる不動産屋を選んでいく必要があります。

ただ仕事・子育て・家事などで忙しい毎日を送っている中、不動産屋一社一社に問い合わせて相談するのは手間がかかります

 

我が家の不動産価格査定報告書

そこで活用したいのが「不動産一括査定サイト」です。

たった一度のWEB入力で、厳選された不動産屋の中から最大6社まで査定額をまとめて取り寄せることができるので、簡単に「査定額」と「不動産屋」を比較できます。

 

HOME4U売却査定

ちなみに我が家は「HOME4U」という不動産一括査定サイトを利用しました。

HOME4Uなら

  • 無料で利用できる
  • 査定額を一度にまとめて取り寄せられるので、1社1社に問い合わせる手間がかからず便利
  • NTTデータグループの運営なのでセキュリティ面も万全
  • 20万件以上の売却査定実績もある
  • 築年数が古くても、リフォーム・外壁塗装・周辺施設など加点できる部分を見つけ出し、可能な限り高値で売れるサポートをしてくれる

ので安心して利用できました。

結果、我が家の場合は不動産屋によって査定額が460万円も違いました。

あなたも今すぐ一括査定をしてみる→

2)信頼できる不動産屋を選ぶ

不動産屋の選び方

査定額が揃ったら、売却を任せる不動産屋を選んでいきます。

この時「査定額が高かったから」や「有名だから」という理由で不動産屋を選ぶのは危険です。

以下の3つをきちんと比較しながら絞り込んでいってください。

1)査定額の「根拠」をきちんと説明できるか

それぞれの不動産屋に「どうしてこの査定額になったのか」査定の根拠を聞いてみてください。

プラスの評価ポイント、マイナスの評価ポイント、周辺の事例なども交えながら説明してくれる不動産屋は信頼性が高いと言えます。

逆に、高い査定額を提示しているものの曖昧な根拠しか出してこない不動産屋であれば、契約を取り付けたいがために査定額を他社よりも高めに出してきているだけかもしれません。

このような場合、実際に売りに出す時には査定額よりも安い価格設定を提案される恐れもあるので、根拠を明確に説明してくれる不動産屋を選んでおく方が賢明です。

2)類似物件の売買実績があるか

それぞれの不動産屋に、あなたが売ろうとしている物件(一戸建て/土地/マンション)およびエリアでの売買実績がどれくらいあるのかを聞いてみてください。

例えば「品川の一戸建て」を売りたいのであれば、直近2年くらいの品川区の一戸建ての売買件数を教えてもらいます。

売買件数が多い不動産屋の方が頼りになりますよね。

もしかしたら「地域密着の不動産屋さん」の方が大手不動産会社よりも実績があるかもしれません。

実績はその不動産屋の「買い手を見つける力」に相当します。

大手か中小かで選ぶのではなく、実績をきちんと見るようにしてください。

3)売却にかかる税金に詳しいか

家の売却にあたっては様々な税金が絡んできます。

そこで自社ホームページやパンフレットを通じて、税金について詳しい情報を提供しているかも大切な比較ポイントです。

要件を満たせば控除を受けられる税目もあるので、知っているか知らないかで資金計画が大きく変わってきます。

3)内見・内覧で買主の心を掴む

内見・内覧

実際に家の売り出しが始まったら「内見」または「内覧」とよばれる家のお披露目会があります。

内見・内覧で買主の心をガシッと掴むことができれば、希望価格で売却できる可能性が高まります

「人は見た目が9割」という言葉がありますが、これは家も同じ。

内見・内覧では第一印象がとても大切です

  • きちんと掃除をしておく
  • 部屋が明るく見える時間帯に訪問してもらえるよう交渉してみる
  • 買い手が見学しやすいよう少人数で対応する

など明るく気持ちの良い最高の状態で家を見学してもらえるように準備をしておきましょう。

一戸建てだからこそ高値で売却できる秘訣もある

マンションと異なり、一戸建ての場合は査定額がたとえ低かったとしても、実際には高値で売却できることがあります。

マンションと一戸建ての違い。

それは「家の個性」です。

この個性に高値で売却できる秘訣が隠されています。

家を高く売る方法

マンションは決められた規格に従い建てられるものです。

あなたの部屋もお隣さんの部屋も同じ。
あなたの部屋がある階も上の階も同じ。

エレベーターで「ぼ~」としてうっかり降りる階を間違えても、家の鍵が上手く回らないという事態に直面するまで気づかないこともあります。

一方、一戸建ての場合はあなたや建築主のこだわりが色々と反映されているので、唯一無二の家なのです。

不動産屋としては万人受けして売りやすい家(駅ちか、南向き、整形地など)に高い査定額をつけるケースが多く、個性のある家には低い査定額をつけがちです。

しかし、その「こだわり」に共感してくれる買主さえ見つかれば、他にはない一点ものの家として、予想外の高値で売却できることもあります。

予想外に高値で売却できる一戸建てのケース

家を売りたい

たとえば防音設備のあるような一戸建てなら、ミュージシャンや音楽愛好家にとっては手に入れたい家になります。

エレベーターのついたバリアフリーの家なら、介護が必要な家族にとっては願ってもない好条件となります。

子供を思い切り遊ばせてあげようとブランコやスロープなどを家の中に作ったのならば、そういった遊び心のある家が好きな人にとってはたまらない魅力となります。

その他にも、露天風呂のある家、井戸のある家、暖炉のある家、地下室のある家、ロフトのある家、床暖房完備の家、外観が独特で目立つ家、二世帯住宅など色々なケースが考えられます。

一見すると「癖があって売りにくい家だ」と不動産屋からの評価が低かったとしても、ターゲットを絞って販売活動を行えば、相場よりも高く売れることはあります。

また有名建築家がデザインした家、有名人が近所に住んでいる家、ブランドエリアの家なども分かりやすい個性になります。

お寺やお墓の近くは敬遠されがちですが、中には「風情があっていい」「静かでいい」と思う買主もいます。

個性は、ある人にとってはマイナスでも、ある人にとってはプラスとなります。

「価値」と「価格」はイコールではありません。

「こだわり」が詰まった一戸建てであればあるほど、その点を盛大にアピールし、高値売却を狙っていきましょう。

家を高く売るためのまとめ

遂に我が家が売れました!

以上、家を高く売るための3つのテクニックを紹介してきました。

  1. 不動産一括査定サイトを活用する
  2. 信頼できる不動産屋を選ぶ(査定額の根拠/売買実績/税金の知識)
  3. 内見・内覧のための事前準備

ぜひ参考にしていただき、家を高く売ってください。

「家がいくらで売れるのか」一括査定をしてみる(無料)→