築年数が古い家の場合、建物自体の価値はあまり期待できませんが、その分、土地価格が査定額の大半を決めると言えます。

そこで気になってくるのが「土地価格」いわゆる「地価」です。

この記事では、土地価格を約1分で簡単に調べられる方法をご紹介します。

土地総合情報システムとは

土地の価格を簡単に調べたいなら「土地総合情報システム」の活用が便利です。

土地総合情報システムとは、不動産の取引価格情報提供制度の一環として国土交通省が運営しているサイトで、

  • 地価公示(標準地の価格)
  • 都道府県地価調査(基準地の価格)

が約1分ほどで調べられるようになっています。

地価公示と都道府県地価調査の違いは次の通りです。

地価公示とは

地価公示法に基づき、土地鑑定委員会が主に都市計画区域内を調査対象として毎年1月1日時点における標準地の正常な価格を公示するものです。

一般の土地取引・相続税評価・固定資産税評価・金融機関の担保評価の目安として活用されるなど、様々な役割を果たしています。

都道府県地価調査とは

国土利用計画法施行令第9条に基づき、都道府県知事が都市計画区域内および区域外の土地を調査対象として毎年7月1日時点における基準地の正常な価格を判定するものです。

地価公示とは相互補完関係にあります。

土地価格(公示価格)の調べ方

1)土地総合情報システムへ

土地価格の調べ方1

まずは土地総合情報システムにアクセスします。
http://www.land.mlit.go.jp/webland/

そして右上の「地価公示・都道府県地価調査」をクリックします。

2)調べたい地域を選択

土地価格の調べ方2

あなたの不動産がある地域を日本地図より選択していきます。

都道府県を選択すると、続いて市区町村が選べるようになっています。

3)検索条件を指定

土地価格の調べ方3

検索条件を指定していきます。

  • 対象:「地価公示・都道府県地価調査の両方」を選択します。
  • 調査年:最初から最新調査年のみにチェックが入っているので、何もしなくて大丈夫です。
  • 用途区分:あなたの不動産条件に合わせて選択します。基本的に、個人の家の場合は住宅地に当てはまります。
  • 地価:空欄のままで大丈夫です。

最後に「検索」ボタンをクリックします。

4)土地価格を確認する

都道府県地価調査データの一覧が表示されます。

一覧の中から、あなたの土地がある場所に最も近い地番を探します。

以下では、何十件とあるデータの中から該当地番の情報を調べるのに一番手っ取り早い方法をご紹介します。

 

まず、どのデータでも良いので「地図を確認する」をクリックします。

土地価格の調べ方4

 

そうすると、あなたが選択した市区町村の地図が表れますので、その地図を動かして該当地域を見つけます。

地図の中に黄色で●▲■とマークがあると思いますので、そのマークをクリックすると地価公示が表示されます。

土地価格の調べ方5

 

さらに「詳細表示」を選択するとより細かいデータが見れるようになります。

地価相場

さぁ、あなたの土地の価格はいくらでしたか?

土地総合情報システムでは不動産売買価格の検索もできる

不動産売買価格の調べ方

土地総合情報システムでは、この記事でご紹介した土地価格だけでなく、実際に取引された不動産売買価格も検索できるようになっています。

こちらも約1分で、あなたの物件と近い条件の不動産売買価格を調べることができるので、土地や家の売却を検討されている方には便利な機能です。

 


土地を高く売るための3つの技→