住宅ローンが残っていると家は売れないと思っていませんか?

実は、住宅ローンが残っていても家を売却することは不可能ではありません。

住宅ローンが残ってる家を売ることは可能

住宅ローンが残ってる家を売るには

住宅ローンが残っていても所有権はきちんと自分の手にあるのに、「抵当権」を設定していることで「売却できないのでは」という先入観を生んでしまっているのです。

抵当権とは、住宅ローンを払えなくなった場合に、銀行を代表とする債権者が強制的に家を売却し残額の回収を図るための権利です。簡単にいってしまえば、借金のカタです。

なので、この抵当権を抹消する方法を選択すればいいのです。

住宅ローンが残ってる家を売って、住み替えをする方法

住み替え

では、どうしたら住宅ローンが残っていても家を売却し、住み替えることができるのか。

それは売却代金をローン返済に充当することで、抵当権を抹消して住み替えるという方法になります。

もちろん、売れたら残債を払いに行き抵当権を抹消するという単純な話ではありません。あくまでも、売却代金が即座に弁済に回るよう手配を付け、抵当権の抹消と所有権移転を同時に行えるようにする必要があります。

住宅ローンが残ってる家を売ることは可能

上図のように、売却金額がローンの残債額を上回るようであれば、事前に資金を用意しておく必要はありません。

ただ、売却しても残債を完済するには足りないというケースもあります。

この場合は抵当権を抹消できませんので、手持ちの資金で完済するか、不足分を新居の住宅ローンに組み入れるかの2択になります。

住み替え時期には何かと現金が必要なので、資金に十分な余裕がないのなら「住み替えローン」を利用した方が賢明です。大手銀行で取扱いがあります。

事前に資金の用意が必要かどうか、資金計画をきちんと立てるためには、「家がいくらで売れるのか」精度の高い不動産査定が必要になります。

ただ、不動産屋も物件ジャンルによって得意・不得意があり、同じ物件でも査定額が何百万円も変わってきます。そのため複数の不動産屋に査定をしてもらうことが欠かせません

我が家も利用した不動産一括査定サイトとは→

住宅ローンの借り換えで金利負担と総返済額を減らす

住宅ローンの借り換えで約527万円得した事例

借り換えローン」とは、現在の住宅ローンから別の住宅ローンに切り替えをするためのローンです。

今よりも金利の安い住宅ローンに借り換えることで、金利負担の軽減や総返済額の節約にもつながります。

なお住み替えローンと似てはいますが、住み替えローンの場合は「対象となる物件が異なる」という大きな違いがあります。

借り換えローンの場合は、対象となる物件は同じまま、ローンを組む金融機関だけをより低金利のところに変えるものになります。

各金融機関にわざわざ電話で確認したり、ホーム―ページで情報収集しなくても、いまは無料で使える住宅ローン一括審査サービスがあるので、各金融機関の金利や諸費用の比較が簡単にでき手間を大幅に省けます。

住宅ローン選定の際に重要なのは、1つでも多くの金融機関へ 審査申し込みをすることです。

住宅ローンを比較することで、総支払額に約527万円もの差が出たケースもあります!

しかし、住宅ローンの審査申し込みには 100項目以上の情報を記入する必要があるため、2つの銀行を比較するだけで2時間以上かかることもあります。

複数の金融機関に審査申し込みをしたくても、この入口の作業(仮審査)だけで時間も気力も奪われてしまいます。

その点、住宅ローン一括審査申し込みなら、複数の金融機関に一度の入力で審査申し込みが可能になります!

実家売却を任された娘 イエ子
無料サービスな上に、約20分ほどの入力で数百万円の節約に成功するのであれば、利用しないのは損です!

 

住宅ローンの借り換えに便利な一括審査

一括審査を申し込むにあたり、途中のステップでアプリのダウンロードが入ってきます。

一見すると手間に感じられるかもしれませんが、「アプリを使うからこそ」各金融機関のフォームに合わせていちいち申込書を書き直す必要がなく、一括審査申込ができるのです。

インターネット環境が発達した現在だからこその便利なサービスです。

目から鱗の便利な無料サービスなので、「住宅ローンの返済額を減らしたい!」「節約したい!」とお考えの場合はチェックしてみてください。

365万円も得する住宅ローンの借り換え!一括審査申し込みサービスの詳細へ