家を売りたいけど、大手の不動産会社と地域密着型の不動産屋、どっちに依頼した方がいいのか迷いますね。

この記事では、そんな疑問にお答えしていきます。

抱えている不動産情報は基本的に同じ

家を売るには大手の不動産会社

不動産流通機構、通称レインズ(※)の導入により、今では大手不動産会社でも地域密着型の不動産屋でも、抱えている不動産情報は基本的に同じです。

※レインズとはReal Estate Information Network Systemの頭文字をとった略語。

国土交通省が運営・管理する、日本中の物件売買情報をリアルタイムで検索できる不動産屋向けのシステムのことです。

売主に売却を依頼された不動産会社は、該当不動産をレインズに登録して、その情報を広く他の不動産会社に公開しなければならないと法律で決められれています(ただし一般媒介契約は除く)。

そのため不動産会社同士での情報量には、それ程差はありません

そこで私たち売主が不動産屋を選ぶときに見極めるべき点は「売却ノウハウに長けている不動産屋かどうか」になるのですが、実は大手不動産会社と地域密着型の不動産屋とでは、この部分で得意分野が分かれてきます。

大手の不動産会社は査定スキルに長けている!

大手不動産会社の強みは、その知名度による圧倒的な取り扱い件数です。

そして、その分だけ査定をこなしてきているので、査定スキルに長けています

不動産売買価格は売主と買主の双方の希望がマッチしたところで決まるので、査定額=売却額となることはほぼありません。

ただ査定額があまりにも相場よりかけ離れていては、なかなか買手が現れなかったり、逆に安売りして損してしまう恐れがあります。

こうした精度の低い査定では、今後の資金計画が立てにくく、住み替えを希望していたり、住宅ローンの返済を考えていたりする場合には困ります。

その点、大手の不動産会社は数多くの査定をこなすことで、経験値と不動産売買取引データが蓄積されていっているので、査定ノウハウに長けているのです。

住み替えであれ、住宅ローンの返済であれ、資産整理であれ、精度の高い資金計画を立てて売却活動を始めたい場合には、大手の不動産会社の方が適しているかもしれません。

地域密着型の不動産屋はエリアの特異性を熟知

一方、地域密着型の不動産屋の強みは、やはり地元情報を熟知していることです。

中古マンションや中古住宅を探している買主は「○○学区限定で家を探している」「○○町限定で家を探してほしい」という方が多く、売り出した物件のすぐ近所の方が購入するケースも多いです。

たとえば「同居するつもりはないけれど、娘や息子の近くで住みたいから」というケースです。

地域密着型の不動産屋は、そのエリアの特異性を熟知しているだけでなく、登録者も過去の実績からそのエリアの購入希望者がほとんどです。

近くに小中高と学区が集まっているエリアなら、地域限定で家を探しているファミリー層に向けて売り出しやすい、地域密着型の不動産屋の方が適しているかもしれません。

両方の話を聞いてみてから判断しよう

ここまでお伝えしてきたように、大手不動産会社と地域密着型の不動産屋とでは、それぞれ得意分野が異なります。

ただ不動産売買経験の少ない私たち一般の売主が自己判断するのは難しいので、まずは一度両方の話を聞いてみてから判断されるのが良いと思います。

ただ1社1社不動産屋を訪問して話を聞いて回るのは大変…。

そこで活用したいのが無料で使える「不動産一括査定サイト」です。

不動産一括査定サイトを活用すれば、大手不動産会社から地域密着型の不動産屋まで、一度にまとめて最大6社から査定額を取り寄せ、比較することができるので大変便利です。

いちいち不動産屋を巡る必要はありません。

インターネットが発達した今、不動産業界の流通の仕組みが変われば、不動産屋の選び方も変わってきています。

ぜひ便利な不動産一括査定サイトを活用して、家の売却を成功させていきましょう!

不動産査定
我が家の不動産価格査定報告書

HOME4U(ホームフォーユー)

我が家が活用した不動産一括査定サイトです。

大手から地域密着まで、厳選された不動産屋の中から最大6社まで、査定額をまとめて取り寄せられるので、1社1社に問い合わせる手間がかからず、簡単に複数社の比較ができます。

あのNTTデータグループの運営なのでセキュリティも万全。もちろん無料で使え、20万件以上の売却査定実績もあるので安心して利用できました。

不動産一括査定を依頼する→