家を売却し故郷に帰りたい父 イエ男
築年数の古い家の場合、リフォームしてから売りに出した方が良いだろうか?

リフォームしてから家を売る場合のメリット

  • 写真映えするので、内見の問い合わせが増えやすい
  • 見栄えが良いので、好印象を与えられ成約率が高まりやすい
  • リフォームローンが組めない買主には魅力的

リフォームしてから家を売る場合のデメリット

  • リフォームにかかった費用分を売却価格に上乗せして高く売れる保証はない
  • 買主の好みに合わないリフォーム仕上がりなら意味がない
  • 現況引き渡しの方が、買主も自由にリフォームできて嬉しい場合もある

大がかりなリフォームは不要

古い家を売りたい

我が家も住み替え・買い替えを希望していたので、条件に合いそうな中古物件が見つかれば内見の申込をしていました。

中には「リフォーム済み」や「リフォーム渡し」の物件があったのですが、やはり自分の好みに100%合うものはどこにもありませんでした。

実家売却を任された娘 イエ子
そのため「リフォームは自分たちで行うので、その分価格を下げて欲しい」というのが正直な感想でした。

確かに綺麗な物件は買手がつきやすいですが、その分高く売れるとは限りません。

大規模リフォームは不要です。

ただ、あまりにも汚い家の場合は内見時に印象が悪すぎますので、壁紙や畳の張替えなど簡単なリフォームは検討してみても良いと思います

壁紙や畳の張替えなら割と手頃な価格で済みます。

リフォーム代を値引きするという方法が効果的な場合も

売り出す時に家がかなり酷い状態で、買主が大幅なリフォームをする必要がある場合、せっかく内見者が来ても見た目が悪くて中々売れないかもしれません。

そんな時はリフォーム会社に実際にリフォームした際にかかるおおよその見積もりを出してもらい、「リフォーム見積もり金額相当分を値引きしても良い」と売却を依頼した不動産屋に伝えておきます。

不動産屋は近い条件のお客様から問い合わせが入った際に交渉の材料として使うことができるので、早く成約に繋がる可能性があります。

リフォームの見積もりをしてもらう場合、売却を依頼している不動産屋が大手でリフォーム部門もあるのなら、同じ会社に依頼することで手数料が割引になる可能性があります。

もしも売却を依頼している不動産屋が中小で、懇意にしているリフォーム業者を紹介しますという場合は、その業者と繋がっている場合もあるので、注意が必要です。

いずれにしろ複数のリフォーム会社に見積もりを出してもらい比較する方が安心です。


家を高く売るための3つの技→