中古住宅を売却する方法

日本の不動産市場では「築20年以上の家は価値ゼロ」と評価されます。

そのため築年数の古い家を近所の不動産屋に査定してもらうと、その査定額の低さに愕然とすることが多いです。

でも、ここで大切な資産である家を安売りしてしまうのは待ってください!

 

実は、築年数の古い物件でも、安売りすることなく、確実に売却しやすい方法があります。

それは中古物件の売却に強い不動産屋を探すことです。

なぜなら、物件条件によって、不動産屋にも得意ジャンルと不得意ジャンルがあるからです。

 

「マンションの売却が得意な不動産屋」もいれば、「築古物件の売却が得意な不動産屋」もいます。

抱えている見込み客がどんなに多くても、「投資目的の見込み客が多いのか」「小さな子供を抱えたファミリー層の見込み客が多いのか」によっても、あなたの不動産の売れやすさは大きく変わってきます。

 

築年数の古い住宅を少しでも高く、確実に売却するために大切なことは、「築年数の古い物件の売却が得意」な不動産屋を見つけることです。

不動産売却査定サイトを活用しよう

我が家が売れました!

では、どうしたら「築年数の古い物件の売却が得意」な不動産屋を見つけることができるのでしょうか。

その答えは、無料の「不動産売却査定サイト」を利用することです。

我が家も一戸建てを売却する際に実際に利用したのですが、おかげで家を安売りせずに済みました。

不動産売却査定(不動産一括査定)とは、オンライン上で「売主の希望」や「物件条件」を入力するだけで

  1. その不動産タイプの売却を得意とする不動産屋を自動的に絞り込み
  2. 一度にまとめて査定額を取り寄せられる

のが最大の魅力となります。

 

我が家の不動産価格査定報告書

不動産売却査定を利用して一番驚いたのは、その査定額の差です。

実際、我が家の場合は、不動産屋によって査定額が480万円も違いました!

不動産売買では大きな金額が動くので、査定基準が数%変わるだけで、査定額は数百万円も変わるのです。

大切な資産を安売りしてしまっては、後悔してもしきれませんが、不動産売却査定を利用するだけで、安売りしてしまうリスクを回避することができます

中古住宅の売却で評判の良い不動産売却査定サイト3選

    1. リアリエ

      あのパナソニックが運営する不動産一括査定で、最大の特徴は、リフォームプラン付きで買主に物件を提案することです。
      もちろん、あなたがリフォームプランを考える必要はありません
      対応エリアは限られていますが、「中古の一戸建て」や「中古マンション」など、築年数の古い物件を売却したい方は必ず押さえておきたいサイトです。

      対応エリア 対応物件 査定料
      東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、兵庫、京都 一戸建て、土地、マンション 0円

      »公式サイトはコチラ

       

    2. イエウール

      提携している不動産屋の数が業界トップクラス
      誰もが知る大手不動産会社から、地元密着の不動産屋まで、幅広く網羅しているので、たとえ地方にある中古物件の売却であっても、対応してくれる不動産屋を見つけやすいです。

      対応エリア 対応物件 査定料
      全国 一戸建て、土地、マンション、アパート、商用物件 0円

      »公式サイトはコチラ

       

    3. すまいValue

      三井・住友・東急・野村・三菱・小田急という業界トップ6すべてに査定依頼をできる唯一の不動産一括査定です。
      大手ならではの販売力やサポート力で、築年数の古い物件も売りやすいです。

      対応エリア 対応物件 査定料
      全国 一戸建て、土地、マンション、アパート、ビル 0円

      »公式サイトはコチラ

築年数の古い中古住宅でも、工夫次第で、少しでも高く確実に売れる!

大切な資産である家を売却するなら、少しでも高く売りたいものです。

築年数が古いからといって、すぐに諦める必要はありません。

無料の不動産売却査定を利用するだけで、売却の可能性がグンと高まります。

»【三大都市圏のみ対応】中古住宅の査定はコチラから

»【全国対応】中古住宅の査定はコチラから