所有している家を売却した後も、そのまま住み慣れた家に暮らし続けられる「ハウス・リースバック」という仕組み。

こんな新しい暮らし方を提案しているハウスドゥのハウスリースバックについて、特徴・疑問・評判などをまとめました。

ハウスドゥのハウスリースバックとは

ハウスリースバックとは

ハウスドゥ公式サイトへ→

ハウスドゥはご存じの方も多いと思いますが、東京都千代田区に本社を構え、不動産売買仲介、リフォーム、新築、中古住宅買い取り、フランチャイズ事業などを幅広く手がける企業です。

東証マザーズにも上場しており、その店舗数は381店舗(2016年7月現在)に上ります。

そんはハウスドゥが手掛けるハウスリースバックとは「自宅を売却した後も、その住み慣れた我が家で暮らし続けられる」システムです。

この場合の自宅とは「土地付き一戸建て」でも「マンション」でも大丈夫です。

具体的には

  1. ハウスドゥに直接買取してもらう形で家を売却
  2. 契約直後に、賃貸契約を結び、そのまま家賃を支払う形で家に住み続ける

というものです。

ハウスリースバックはこんな方におすすめ

事例1
年金生活なので今後の生活資金に不安がある。でも今更住み慣れたこの家や土地を離れたくはない。住み続けながら老後資金の準備をしたい!
事例2
住宅ローンの返済が苦しいけど、売却すると住む家がなくなってしまう。今まで通り家に住み続けながら、月々の負担を減らしたい!
事例3
相続人はいないので、家には住み続けたいけど売却したい。そして売ったお金で趣味や旅行など第二の人生を楽しむために使い切りたい方
事例4
相続税の支払い期限が迫っている!急いで資金を調達したいけど、急には引っ越しが難しい!
事例5
資金調達が必要だけど、子供の学区が変わるのは困るので家には住み続けたい。一旦家を売却しても、将来、子供が社会人になってある程度の収入を得られるようになったら子供名義で買い戻したい!

ハウスドゥのハウスリースバックの対応地域

2016年9月現在のハウスリースバック対応地域は下記の都道府県です。

北海道/宮城県/福島県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/福井県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/岡山県/広島県/山口県/福岡県/佐賀県/長崎県/鹿児島県/沖縄県

ハウスリースバックの利用の流れ

ハウスドゥのハウスリースバック

1:メール問合せ

まずはメールで問い合わせ、あなたの家(所有物件)の状況を伝えます。

2:物件の査定

ハウスリースバックの専任担当者と対面相談しつつ、物件の査定をしてもらいます。

3:金額提示とリース料の提示

必要書類が揃った後、1週間以内に買取価格と家賃(リース料)が提示されます。

条件面で合意ができたら、ハウスリースバック成立です!契約の上、決済(現金一括)が行われます。

ハウスリースバックに関する疑問

Q 依頼したらすぐに現金化できるの?

A 最短20日間一括現金払いされます。

買取なので仲介売却した場合の7割ぐらいの価格となりますが、その分仲介手数料の支払いは不要です。

Q 将来、買い戻すこともできるの?

A 再購入できます

事前に再購入する際の価格を設定してから契約を交わすので、将来的に買い戻したいとお考えの場合には購入価格が変わらない安心感があり、資金計画も立てやすいです。

Q 住宅ローンの残債があってもハウスリースバックは利用できるの?

A 抵当権がついている場合でも対応してもらえます

基本的には「ハウスリースバックでの住宅の売却資金で残りのローンを完済できる場合」という考え方になりますが、その他の諸条件によっても対応の可否が分かれてくるので、詳しくは一度問い合わせてみてください。

Q 何年間借りられるの?

A 希望する限り、20年でも30年でも住み続けられます

最初は3年間の定期賃貸借契約となりますが、遅くとも契約満了半年前までに再契約の確認が入るので、そのまま住み続けたい場合は再契約を締結できます。

Q ご近所に知られたくないけどバレない?

A はい、知られません

買取なので、競売や仲介のように物件売却情報は公開されません。ご近所に知られずに今までと同様に住み続けられます。

Q リバースモーゲージとの違いは?

A リバースモーゲージは所有する自宅を「担保」にお金を借り入れ、その期間住み続けることができます。

そして契約満了後または亡くなった際に債権者が不動産を売却し、売却で得られた金額とその借入金とを清算するという仕組みです。

一方、 ハウス・リースバックは所有する自宅を「売却」し、その後は「賃貸契約」を締結して住み続ける仕組みです。

自宅を使って資金を得るという点では似ていますが、仕組みが大きく異なります。

Q 結局、住宅ローンの返済と比べて月々の負担は減るの?

A 購入時よりも家や土地の評価が下がっていれば、月々の負担は減る可能性があります

また固定資産税や維持管理費も考えると、負担はさらに軽くなります。

 

ハウスドゥのハウスリースバック

比較的新しい仕組みですが、すでに年間の問い合わせ件数は2,000件以上の大反響となっています。

売却価格や賃料など興味がある方は、一度問合せをされてみてはいかがでしょうか。

新しい選択の道が開ける可能性があります!

ハウスドゥ公式サイトへ→